title

映画・DVD・そして本とおしゃべり^^オマケにバイクもちょこっとねv
mark01 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
mark01 映画:「Mr.&Mrs. スミス」


監督: ダグ・リーマン
出演: アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピット 、 アダム・ブロージ、ビンス・ヴァウグン
原題: MR. AND MRS. SMITH
制作: 2005 アメリカ

評価: ★★☆☆☆

DVDの「17歳のカルテ」のレビューを書いたのでそのついでに(笑)
まあ、二人の主役の為にたくさん見所をサービスしてくれた映画という感じです。でもそれだけ。ストーリーなんて期待してはいけません。つまらねえ~ことは承知で観ていけばポイントポイントに拾える面白さはたくさんありますから^^

さて、ブラピは御歳41歳とは思えないほどのチャーミングぶりで、我が周りの同年代の男性陣と比べ匂い立つようなセックスアピールを感じます。はい、ドキドキしちゃいました^^。だけど…あのマルコメ頭はもうずっとこれで行くのですかぁ? やっぱり「ジョー・ブラックをよろしく」の時のようなフサフサも観たいです(笑)しかし、あんまりハイテク機器を駆使する最先端プロフェッショナル「仕事人」には見えないんだなぁ。いや見えないというか似合わないという感じでしょうか。彼の演技力は私は認めるところなんですけれどね、あの屈託のない笑顔の下で残忍な「人殺し」というをやってしまうとどうかと思うわけです。…あ、そういう深くを考えない娯楽映画でしたね。
一方、アンジーですが…喰っちゃってます。ブラピを存在感や表情全てで圧倒でした。。「人殺し」も似合ってます(笑)そして「17歳…」の頃より鍛えたスタイルはもう垂涎の的であり、きっと彼女は計算してそういう女性の身体をメイクしている妖しさなんです。バストは「トゥームレイダー」の頃よりは幾分小さくしたとの噂どおりですが、相変わらず重力に負けない美しい形はフェイクそのものだと思った方も多いはず^^;だけどそういう何事もプロフェッショナルな感じがこの役にもピッタリでしたね。作中の二人が殺した人数の報告ごっこの時の差がこの役に似合う度数みたいで笑えます。脚本でそんなことまで考えているとしたらとても傑作だな^^。

お気に入りのシーンは二人が殺し合いをしながら単なる夫婦喧嘩のように殴り合うシーン。ソファの陰になって見えていないところは志村けんの「バカ殿」のお笑いのようで一人でウケてました。最後、エレベーターから降りて繰り広げられる決死の戦いシーンもどこかで観た感じだったですね^^最高に格好良く演出されてはいるんですが…実は… 観た後3週間ぐらいたった今、どういう決着で終わったのかストーリーを完全に忘れてしまっています…。う~ん、まあ、どうでも良いですね。全然気になりませんから。

夫婦という関係をこういう極端なストーリででしたが、ちょっと身につまされて考える部分もあったりしました。6年もの間奥さんの手作りの料理だとブラピは信じ、アンジーは信じ込ませる。これって優しさじゃないかと。努力をしなくなってそれを相手に見せることを平気になっちゃっうこそ愛がないよなぁって思ったわけです。それに…アンジーみたいなボディーも無いしね…はぅ…。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
製作者が泣きますね(汗)
最初と最後のシーンはCeriの大好きなシンメトリーになってましたよ。そう、セラピストとの会話です。二人の関係(力関係)とその変化が二人の表情に鮮明に表れていて、唸らされました。同じ日に撮影したのかな…そういうことが気になってしまう天野でした(笑)
2006/01/05(木) 14:36:24 | URL | 天野弱気 #TA1wk.3Y[ 編集]
同じ日でしょうね^^
ああ^^あそこ面白かったですよね。
しっかり時間を管理するアンジーとアバウトなブラピ。その後の映画の展開は「5~6年前」という感じで始まる。これはブラピ並のアバウトさで記述されてるって言う感じの軽さが可笑しかったです。しかしSEXの回数とかそんなことまでそんなことまで聞くのね…というかこの物語はそのへんが重要なのかと^^。しかし終わりはインタビューは「振り返ってほっと一息…」的な蛇足だったかも知れません。ラブラブさは伝えたい気持ちも分かりますが、いやねぇ…です^^;十分観させて貰いましたから(笑)
ところで、天野さんの「殺し屋は絶対死なないといけない」のルールは守られていませんでしたが…まあ、コメディーだから良いのでしょうか^^;?
2006/01/05(木) 15:11:14 | URL | セリ #5lb47yNY[ 編集]
「殺し屋は絶対死なないといけない」のルールは、一応守られたものと解釈しましょう。彼らはもう殺し屋ではなくなったんですから(笑)
2006/01/05(木) 16:19:31 | URL | 天野弱気 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
ご注意!!:現在このブログは移転しています。この記事も新サイトの方に移動してありますのでトラックバックはそちらの方にお願いします。記事一覧が開きますのでトラックバックする記事を見つけてください^^新サイト→「遠慮無く…書くよ!」
≪この記事へのトラックバック≫
 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのロマンスも話題となって相乗効果のこの映画。夫婦愛も感じるが、父娘の不仲も感じとってしまう・・・ アンジェリーナ・ジョリーの父親はオスカー俳優のジョン・ヴォイト。『トゥームレイダー』で共演したにも関わらず、父娘
2005/12/26(月) 13:22:28 | ネタバレ映画館
スミス夫妻の,はちゃめちゃ夫婦喧嘩は,愛を深める儀式だった!
2005/12/26(月) 14:49:25 | Akira's VOICE
夫婦で殺し屋。でも、お互い秘密!秘密がばれた時に、壮絶な夫婦喧嘩バトルが始まるぅ~~!お正月映画のエンターテイメントとしてとても楽しい作品だと思いました!ドンパチ!ドンパチ!!ドッカン~~!ってね。アンジェリーナ・ジョリーとブラット・ピットの夫婦役...
2005/12/26(月) 16:21:54 | ☆ 163の映画の感想 ☆
昨晩鑑賞~なかなか面白かったです!!一瞬で恋に落ちた二人。お互いの本当の職業、”殺し屋”はお互いに秘密。。。そのため、結婚生活は次第にうまくいかなくなっていた。 もっともっとアクションかと思いきや、わりとコメディ!!対決シーンでも音楽が軽い....
2005/12/26(月) 16:49:46 | 色即是空日記+α
南米で情熱的な恋に落ちたジョンとジェーンは、結婚し、晴れて「Mr. & Mrs. スミス」
2005/12/27(火) 18:30:02 | 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK
「も~、い~くつ寝ると~、お正月~♪」というワケで今年も後1週間を切りましたよ、トホホ。久々に観た映画は『Mr.&Mrs.スミス』です。
2005/12/28(水) 17:37:39 | ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション
今日はこの映画を観てきました。一緒に行った連れと溜め笑いの連発。。。(≧▽≦)声だせないし・・・。頑張って小さく笑った笑った。そして風邪もふっとんだ。私は前もってこの映画の告知CFや、ストーリをチラっとみて変な先入観を持っていました。どうせ「トゥ...
2006/01/01(日) 21:45:51 | 映画って素晴らしいもん
Mr.&Mrs.スミス(Smith) ブラッド・ピット アンジェリーナ・ジョリー 主演、ダグ・
2006/01/23(月) 21:54:23 | 韓韓ドラドラ!!
Copyright(C) 2005-2006 Ceri's Talk. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。