title

映画・DVD・そして本とおしゃべり^^オマケにバイクもちょこっとねv
mark01 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
mark01 DVD:「モンスター」
monster

監督: パティ・ジェンキンス
出演: シャーリーズ・セロン、 クリスティナ・リッチ
原題: MONSTER
制作: 2003 アメリカ/ドイツ

評価: ★★☆☆☆

先日「SAYURI」を観に行った時、来年封切り予定になってるシャーリーズ・セロンの「スタンドアップ」の予告を観ました。重たいテーマの中でなんか胸が空くような感涙の場面が有りそうではありませんか?この映画^^ やばいです…彼女がハリウッドでもとびきりの美人さんということはよく存じていますが、実は私彼女の映画あんまり観ていないんです。だからこの「スタンドアップ」を楽しむためにもう少しセロンについてお勉強をしておこうとちょっとばかり計画を立ててみました。はい。かなり優等生的な私です^^
まず「モンスター」でアカデミー主演女優オスカーの演技とプロ根性アッパレの醜いセロンを観た後「トリコロールに燃えて」で華やかな変身(これが本来なんでしょうけどね^^)を観て、時間があれば「サイダーハウス・ルール」など古めのものも挟んでいこうというまあ、熱心とまでは行かないような計画なんですけどね。

さて前置きはこのくらいにして作品「モンスター」の話をしましょう。まずこれについてはありきたりですが、これ…セロンには見えないかった…。そしてストーリーも面白くもなんともないのです。汚いスラングと空威張りを繰り返すそれだけ。実話の連続殺人を正当化する作品には出来るはずありませんから、淡々と事実のみの羅列なのだと思います。セロンの肉体改造までして臨んだ気迫の演技も解るし、相手役のリッチの諸刃的演技にも脱帽だけど作品として楽しむには限界のある難しいものだと感じさせられました。私はその事件のことを知りません。もし当時その事件の報道を目の当たりにしアイリーン・ウォーノスという女性を知っていたのなら違ったのでしょうか? 日本人がアサハラ(←書きたくない固有名詞なので…)を知っているように? …ううん、きっと違うと思うのよ。映画って事実を切り取ることになんの意味もないんだってことだと思うんです。写真という便利な文明の利器があるのに絵画というものが依然感動を持って存在してるのはのは、ありのままとは違ってそれを生み出した人の感動も詰まってるからでしょう? それと同じ。エンターテイメントとして生み出された作品になってないといけないと思うんだね…だって有料視聴してるんだからさぁ… 事実は小説より奇なりというけどだからって映画が事実を超えられなならドキュメンタリーを素直に見るよ…。それは特典DVDに収録されてた実際像の「アイリーン・ウォーノス」という女性を見てとたんに感じました。当たり前だけど存在感はどんなにセロンのメイクで実像に迫ろうともぜんぜん勝てないよね。…というかセロンは全然似てないよぉ? 結局は自己満足を見せられたという空しさだけが残りましたね。

しかし、公開時のコピーはなかなかじゃないですか?「どうして愛を知ってしまったんだろう…」だっけ? 殺人犯に同情なんぞいたしませんが、それでもクリスティナに取り残された遊園地でセロンが微笑む情景はこのコピーのもの悲しさをしっかり感じましたね。まあ、これだけこき下ろして★二つだからそれなりには良いですね^^;だって今年の一覧を付けててかなりたくさん★なしがあったもん…(汗)
スポンサーサイト
mark01 DVD:「17歳のカルテ」
17th

監督: ジェームズ・マンゴールド
出演: ウィノナ・ライダー、アンジェリーナ・ジョリー、ウーピー・ゴールドバーグ
原作: スザンナ・ケイセン
原題: Girl Interrupted
制作: 2000 アメリカ

評価: ★★★☆☆

数週間前、「Mr & Mrs スミス」を観てアンジェリーナ・ジョリーのでかすぎる存在感に圧倒され、彼女をもっと知りたいと本作を鑑賞することを思い立ちました。折しも「あのタラコ唇は整形だって…」という怪情報も小耳に挟んだので整形の形跡を見つけられるのじゃないかいうワイドショー的野次馬根性も手伝ってます^^;さてさて、アンジーですが、同じじゃん… もうこのころには唇はタラコ、そして相変わらず圧倒的存在感で眩しい。はい、もうすっかりファンです^^。

この作品、主人公はウィノナ・ライダーの演じるスザンナ・ケイセン。原作者の自伝ストーリだったんですね。ひょんな切っ掛けと動機で鑑賞した映画でしたが、私この映画とても好きだわ^^。こういう憂鬱な少女期の記憶は実は私にもあるので、容易にフラッシュバック出来たのかも知れないですね。思春期のトゲトゲした角張った大人未満の時代です。自殺願望はなかったけど退廃的な憂鬱に雁字搦められると死で完結することが綺麗な物語だと錯覚してしまうような感じでしょうか。自分一人で生きていると錯覚していたんですね。

この物語のアメリカはベトナム戦争という大きな憂鬱の中で若者が生と死を身近に感じていた時代です。作品中に徴兵される人の誕生日を抽選で選ぶというシーンが出てきますが本当にこんな感じで死が決まっていったのでしょうか? こうして社会や国が病んでいるから大人になろうと一生懸命に周りをきょろきょろしてる少女達が土台から揺るがされ目が回ってしまうのは当然だよなぁと同情も出来ます。まあ、もがき苦しんで大人になるという青春ストーリーではありますが、親子、恋人、友人など様々の関係を通して自分探しを丁寧に描いている良い作品だったなって思いましたですね^^はい。

ウィノナは目が大きくて妬みたくなるような美人さんです。一方アンジーは美人なんでしょうか^^? う~ん、正直解りませんがウィノナよりも濃い、濃い、濃いのはどなたも異口同音でしょう? 尚かつ、彼女の場合パッと微笑んだ瞬間に相手を魅了する熟練の技を体得してますね^^;あれにやられるわけです。本当に凄い^^。当分はギラギラと容赦なく銀幕を魅了していくに違いないですね。これから先たくさんの作品で彼女には会えるはずですので今のうちにしっかりアンジーに慣れておく必要が有るかも知れませんね^^。はい、それにはこの作品をお薦めいたしますわ^^
Copyright(C) 2005-2006 Ceri's Talk. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。