title

映画・DVD・そして本とおしゃべり^^オマケにバイクもちょこっとねv
mark01 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
mark01 2005 私的ベスト作品
さて、皆さんが興味があるかどうかはさておいて…なんとなく一年の締めくくりなのでやっておきたいなって思ってます^^;
今日この記事を書きながら思うことは、振り返っての思い出としての日記という感じでしか書けないと言うことですね。感動はやっぱり最近に観たものが強く残っていますから…。この一年の中で私的な出来事でもいろいろありましたので観た時の受け止め方もかなり違うんだと思います。でも私はべつに「輝け!日本レコード大賞」の審査員ではありませんし世間の話題作りに貢献するという使命感もないので^^;のほほんとした気持で振り返ってみたいと思います^^
dear_f.jpg


ロードショーベスト5
第1位「Dear フランキー」
第2位「チャーリーとチョコレート工場」
第3位「ALWAYS 三丁目の夕日」
第4位「エターナル・サンシャイン」
第5位「オペラ座の怪人」

…う~んはっきり言って3~5位は順位はどうでも良いです^^;
公開された作品を全部観ての順位じゃないですからこんなものかとご了承ください。「Dear フランキー」に関してはこの後ちょっと感想を別に書かせていただきたくなったのでここではあっさりとしか言いませんが本年度では傑出してたと思ってます。

さて、「チャーリー…」に関してはデップ好きであることが大きくものを言っておりますが「ビック・フィッシュ」以上にティム・バートンの魅力が出た作品だったと思いますね。ただ歯列の感じとあの髪型はTMレボリューションと似てると思った方は私のほかにいらっしゃいませんでしょうか^^;?未だにそればかりは気になりますが…。全然これは感想でもなんでもなかったですね(笑)

「ALWAYS 三丁目の夕日」はもう山崎貴氏の世界を満喫させられましたね。「リターナー」以来のファンなので^^。この作品はなんといっても指輪のシーン。笑えるボケにしっかり泣かす…あれ一つで十分魅せられた映画になってました^^

「エターナル・サンシャイン」これも本来ならここに並べられるような話題になった映画でもなんでもないんですが、物憂いジム・キャリーがなんかとっても良かった。話の進め方もオシャレでした。そしてとても悲しい…。まあ、最後は納得できるキメですから是非見逃した方はご覧あれ^^

「オペラ座の怪人」これはもうバトラー効果でランクインですね(笑)幻想的な地下の美術は本当に素晴らしかったと思います。そして歌が唄えるって本当に素敵。ヒロインのおバカなところは流してたっぷり楽しみましょう^^もちろんDVDも購入しております^^



DVDベスト5
第1位「シービスケット」
第2位「五線譜のラブレター」
第3位「猟奇的な彼女」
第4位「半落ち」
第5位「ボーン・アイデンティティー」

こんな感じでしょうか。「シービスケット」についてもこの後ちょっとか書かせて貰いますが、観た後に原作まで読んだ作品です。

「五線譜のラブレター」は今更もう驚かないホモ・セクシュアルな話題も詰まった実話ですが、ミュージカル仕立てで語られるシリアスな大人のストーリーが、愛というものがいろいろな形をしてるんだって教えてくれます。とても好きな作品ですね。

「猟奇的な彼女」これはもう観た人にだけしか解らない傑作だと思ってます^^感想という言葉になっちゃうとなんだ…そんなもん的なお話なんですけどね、テンポの良い展開にいろいろな付箋が貼ってあります^^チョン・ジヒョンには圧倒でした。日本にはこういう女優さんは本当にいないですよね。

「半落ち」これは話はすぐ剥がれそうな薄皮のミステリーでした。ただね、役者さん達にやられましたね。樹木希林さんには200ccぐらいの涙を流させられたでしょうか?(大袈裟ですね…笑)臭いとお思いの方もたくさん居ただろうと推察は出来ますが…今年一番泣いた作品としてランクアップです^^

「ボーン・アイデンティティー」ラドラムの「暗殺者」という名作を元に新しい展開で作られていました。ミステリーでも特にスパイもの(エスピオナージュ)好きの私には外せない作品です^^といいながらロードショウでなくDVDで観てるわけですが^^;さて、2作目の今年公開したものに比べマッドの身体のキレが良いという意見もあって楽しみに観たんですが、本当にアクションシーンは見応え有りましたね^^マッド、良いですね^^ちょっとジミーちゃんに似てますけど…

そんなこんなで、まさか年の最後に感想なんて書いてる私が真面目っぽくて自分で突っ込みを入れたいくらいですが…さてさて、たくさんの時間を楽しませてくれた素晴らしい映画達に本当に感謝をして、本年を締めくくれそうですね^^
また来年、たくさん話題を提供してくれることを本当に心から切望しながら、みなさんとそれぞれ別な空間で違った時を過ごしながらも同じ作品について語り合えたらとても楽しいと思っています^^

それでは良いお年をお迎えくださいませ^^
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
ご注意!!:現在このブログは移転しています。この記事も新サイトの方に移動してありますのでトラックバックはそちらの方にお願いします。記事一覧が開きますのでトラックバックする記事を見つけてください^^新サイト→「遠慮無く…書くよ!」
≪この記事へのトラックバック≫
今年最後のブログ記事となりました。昨年度と同じようにkossy部門賞を考えていたのですが、“親孝行しま賞”を選ぼうとした時点で候補作の少なさに愕然となってしまいました。調べてみると去年とは違い、子供を思う親の映画が多かったのです。同じように“お年寄りをいたわ
2006/01/01(日) 23:39:19 | ネタバレ映画館
未見のものもありますが,劇場,DVD,レンタルの中から,2005年,気に入った映画のランキングを発表します!
2006/01/02(月) 10:33:34 | Akira's VOICE
2005年に劇場(試写会含む)で観たのは、37本。まぁ、毎週水曜日にしか劇場で観てない訳ですから、こんなもんか。自宅で観たものも合わせると、ブログを始めてからは71本です。ブログを始める前も合わせると、実際はもうちょっと観ていますけどね。
2006/01/02(月) 11:33:20 | Addicted to the Movie and Reading!
私は自分がこんなに映画を見たがる人間だとは思っていなかった。 この事は、長年自分をやってきて今年初めて知った事だ。 今の自分は、生まれて初めて顔を覗かせた自分なのである。 それまでは、私にとって映画は退屈なものでしかなかった。 現実ではない世界は私にとって価
2006/01/02(月) 22:30:39 | 映画とアートで☆ひとやすみひと休み
~ 2005年外国映画myベスト ~ (ただしアジア映画は別枠で12/29付にて)1.ビフォア・サンセット2.クレールの刺繍 3.ライフ・イズ・ミラクル 4.愛をつづる詩 5.ミリオンズ 6.ランド・オブ・プレンティ 7.海を飛ぶ夢 8.そして、ひと粒のひかり 9.サイドウェイ10.チャーリ
2006/01/03(火) 20:42:38 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
新年あけましておめでとうございます。予定を変更して、新年の最初の記事は昨年の全米公開映画の興行成績です。本当は自分が見た映画のトップ10とかやりたかったのですが、なんと下記のトップ10のうち半分しか見てない。トップ20で見ているのは半分もない!これじ
2006/01/04(水) 06:29:50 | Dead Movie Society★映画三昧★
このタイトルの記事をお世話になっているあちらこちらのブログで目にするのでボクもと思い投稿することにしました♪【ベスト5】 (☆。☆) キラーン!!1)、ヒトラー ~最期の12日間~監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ブルーノ・ガンツ    ア...
2006/01/05(木) 17:45:21 | Saturday In The Park
Copyright(C) 2005-2006 Ceri's Talk. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。