title

映画・DVD・そして本とおしゃべり^^オマケにバイクもちょこっとねv
mark01 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
mark01 映画:「キング・コング」


監督: ピーター・ジャクソン
出演: ナオミ・ワッツ、 エイドリアン・ブロディ、 ジャック・ブラック
原題: KING KONG
制作: 2005 ニュージーランド/アメリカ

評価: ★★★☆☆

この作品は数日前に見ていたんですがなかなか感想を書けませんでした。えっと…悲しかったから。動物ものと言っていいのか解りませんが弱いです^^;昔、「ハチ公物語」も「キタキツネ物語」も先の展開を恐れて観ることが出来なかった記憶があります。本作品も映画館で号泣しましたね。いやぁ、息子連れだったので泣き顔は見せたくなかったんですけれどね…茶化すので^^;
そうだった…私の観られないものは「オカルトもの」「スプラッターもの」「暴力もの」「動物もの」だったはず…。などといってももう遅い。観てしまったのでね。

単純に「悪は亡びる」という構図ならばパチパチと手を打って終われるわけですが、コングは悪くないじゃん? エイリアンだってプレデターだってだいたい性格の悪いヤツからやられていくから、まだ観ながら不条理を納得していけるんですが…これにはそういう定説のようなものは有りません^^;良い人が本当にあっさりお亡くなりになって、子供の手を取りながら私自身がとても空しくなって最後はもうコングに群がるお馬鹿な民衆達が全員「悪」に思えてうら寂しくなっちゃったわけですね…
そういう後半部分をカモフラージュするがごとくウイットに富んだ台詞回しで結構笑わせてくれる前半は私はなかなか好きでした。コングが出てくるまで1時間以上も有るのが退屈だったというご意見も有るようですけれどね、あの部分でピーター・ジャクソン監督はコングの「敵」である民衆を上手に描いていたと思ってます。こういう時代だからコングは生きられなかった。彼自身が納得したいように思って作ったような気がしたなぁ…

しかしこれ、原作も読んでみようかと思ってます。今更な古い作品ではありますけれどスカル島のダーウィンの進化論を全く無視した空想空間を1933年版の監督のメリアン・C.クーパーと原案者エドガー・ウォレスがどう作り上げていったのかとても興味が出てきました。今回それをまたピーター・ジャクソンがもう一つイメージを捏ねくり回したのでしょうからそのへんをコンペアしてみたい訳ですね^^はい。いやぁ単純に1933年版「キング・コング」を観るだけではSFX技術の違いからお話にならないだろうからダメですよ。だから私だったらどうするっていう観点でピーター・ジャクソンと対決してみようかと(笑)そんな更なるイメージを広げさせて貰ったスカル島であります^^

さて、本作の重要どころのアンについてはコングと恋をした訳じゃないのでしょう。だって最後エイドリアン・ブロディと抱き合ってましたから、これが最初に彼女の台詞にある「真実の愛」って事でしょう?そうなると何だろうとやっぱり考えますよね。私はね、これは依存だと思う訳です。彼女の本能的な動物の選択行為だったんだろうって。弱肉強食の自然摂理のなかで生き残るためにはとても重要なことだったのでしょうね。それから先は愛着かな… 事実、彼女は生き残ってスカル島より首尾良く脱出に成功してますから。ちょっと強かだったのかなぁ…とか思ったりもしてます。まあ、アン役のナオミ・ワッツが好感の持てる女優さんだったのでこのへん多少は不問に伏しても良いですけどね^^これが キャサリン・ゼタ=ジョーンズとかグウィネス・パルトローあたりに演じられてたら退いてただろうなぁ…^^;

エイドリアン・ブロディもこういう2枚目の役は珍しい感じですが良い男役やってました^^
それから、監督カール役のジャック・ブラック。子供に言わせれば真っ先にコングに成敗されちゃって良いキャラなんですけれどね、なんだかそこまで憎めない。アッケラカンとこの時代を演出したような感じでした。でもね…それじゃ観てる私のほうが切なくなっちゃう。
オリジナルの作られた当時は人間のエゴをむき出しに何でもありの幼稚な時代でした。あたりまえに大人達がギラギラと大きな夢を見れた時代だったのかも知れません。だからその象徴のようにでっかいキングを生み出し征服する。
そういう意味では人間も半世紀以上もたてば進化してるんだって思えるわけです。だからジャック・ブラック最後の台詞「美女が…(ネタバレにならないようにここまでね…)」も今の時代ではもう少し襞の細かい人間像で描いてくれた台詞でないと詰まらなし響いてこないのです。ジャクソン監督の話題通りの盛りだくさんには一応の拍手は送りますが、やっぱり時代遅れの話をそのままリメイクしただけでは今ひとつ感動に手が届かなかった。そんな映画でした。

ああ…だけどスケートのシーンは幻想的で終幕までの悲劇のカンフルとなります。名場面ですね。とてもとても好きだわ。
コングもとても好き^^登場からの2時間は始終コングに対して声援送っていましたね。異種格闘技でのご贔屓を応援するがごとく常にコングサイドのサポーターだった私です^^
いやぁ、歯並びの悪い(どして?)T-レックスをねじ伏せたコングは恰好良いったらありませんでしたもの^^
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
TBさせていただきました
セリさん、はじめまして。ゆづあげと申します。
TBさせていただきました。

この作品は意外に(と言っては失礼かな?)登場人物のキャラクターや人情味を表現していましたよね。
カールこそ真っ先に成敗さるべきキャラという息子さんの見解に「なるほど」と思いつつも、確かに彼もあの時代を精一杯生きようとしていたかも、って思えますよね。

私は違法な動物捕獲をしながらも、男気溢れる船長がいいなぁと思いました。
2006/01/02(月) 17:02:54 | URL | ゆづあげ #-[ 編集]
こんにちは^^
そうでしたね、「フライトプラン」のような無機質な感じのする登場人物と比べ、本当にホットな人たちの話でした^^だから先述のように憎めなかったりするんですよね。こういうところは配役スタッフの妙技とも言えるんでしょうね。
2006/01/02(月) 17:39:52 | URL | セリ #5lb47yNY[ 編集]
初めまして。ブログ拝見させてもらいました。
見ていてとてもおもしろかったです。
とても気に入ったのでMYパソコンのお気に入りに入れさしてもらいました。
これからも映画を評価し続けてください!
ではでは。
2006/01/02(月) 18:48:10 | URL | 壱咲 #-[ 編集]
ありがとうございます^^
>壱咲さま

辛辣に書きながらもとっても映画が好きなことを解っていただけるようにこれからも頑張っていきますね^^面白かったと言っていただけて本当にとても嬉しいです。ぜひちょくちょく遊びに要らしてくださいませね^^
2006/01/02(月) 22:16:00 | URL | セリ #5lb47yNY[ 編集]
いやいや、良く書けてるんで、感心しました(本音)
ナオミのコングに対する感情(心情)は一体何だったのか…これは男どもには計り知れない世界かも知れないなぁと思ってたんで、Ceriのコメントは少々食い足りない感じでしたね(笑)

一般的な(男の)解釈では、
①コングは一応命の恩人?(しかし、そもそもナオミはコングに対する生贄として捕らえられたんで、コングがいなければ命を救われるような状況にもならなかった訳で、その辺Paradoxicalなんですよね…)だから、「大事」
②コングは(唯一?)ナオミの芸を評価してくれるファンだから、「大事」。コングに受ければ芸人としてのプロ意識は大変満たされる。なにせ、類人猿とは言え、動物だから…。ナオミは実世界でも、「叫ばせたら一級だけどね…」という評価をされてる女優。この映画の中でも、監督に言われますよね(あ、この部分は本編ではカットされてたっけな?)"Scream! Scream for life!"って。非常に辛らつな本だと思いました。
③コングは自分を大好きで、命がけで守ってくれるから「大事」。 ブローディーも結構頑張ってくれてるけど、なにせ弱っちい(笑)

…ま、こういうことで、コングはナオミにとって、「大事」な存在であることに間違いはないですよね。 それと、Sympathyはありますよね。ナオミ自身も疎外されて生きて来ているし、共鳴する部分があるから。「可哀相だが彫惚れたってことよ」というところもあるでしょうね。しかし、「恋愛感情」ではないでしょう。だって、コングに「掴まれる」ことは出来ても、抱きしめたり、キスしたりは出来ない訳で、そういうことは、戦場のピアニストとやる訳です(笑) 

きつい言葉を使えばコングは、「自分だけになついている大事な大事なペット」だったと言わざるを得ない…そんな感じを持ちましたね。

しかし、ペットのためにエンパイアステートビルのてっぺんまで登って行くんだから、そんなレベルの感情でもなかったのかも知れないですね(汗) 
2006/01/05(木) 10:34:30 | URL | 天野弱気 #-[ 編集]
ゴリラのハーレム
というか、ホワイトバックの牡にたくさんの牝が群がるごとく強いものには従う動物のサガだったのじゃないかと思ってました。それと生き抜く選択だったろうし、瞬時に判断しないと行き来残っていけない訳で… 
一方コングのほうも(息子の意見ではあそこの島に転がっていた骨はゴリラの形だったということなので)巨大ゴリラもきっと突然変異ではなくこの種の絶滅という淋しいストーリーの中、日々の孤独を紛らわす良い玩具だったのだと思えます。まるでお気に入り人形を離さない子供のようにね。恋じゃなくても大事なものは大切に扱うって当たり前じゃないですか^^?意味なんてわざわざ探して当てはめるほどのものではなかったのでしょう^^原作者はそんな機微は考えていなかったでしょうし。

ストーリーとしてはやっぱり古くさい捻りのない話だったようにも思えるんだけど、こうして語り合って行くうちになんだかナオミっていい女だったかもと^^ しかし…エイドリアンの眉毛の八の字はかなりのものです…関係ないね(笑)
2006/01/05(木) 16:09:30 | URL | セリ #5lb47yNY[ 編集]
ナオミはいい女ですよ。コング興行への出演を断ったんですからね。あれは、実にUncharacteristicな行動でしたね。
2006/01/05(木) 16:15:12 | URL | 天野弱気 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
ご注意!!:現在このブログは移転しています。この記事も新サイトの方に移動してありますのでトラックバックはそちらの方にお願いします。記事一覧が開きますのでトラックバックする記事を見つけてください^^新サイト→「遠慮無く…書くよ!」
≪この記事へのトラックバック≫
 大きな山をひとまたぎ~♪とやってきたキング・コング。驚愕のVFX、壮絶な恐竜との戦い、そして1933年のオリジナル『キング・コング』への深い愛情をも感じとれるが、観終わった直後の感想は「長かった・・・」であった。 オリジナル作品はSFXの先駆け、後世の怪獣映画へ
2006/01/02(月) 13:14:48 | ネタバレ映画館
とても楽しみにしていた作品。今回は、33年のオリジナル版と76年のリメイク版の予習もきっちりしてから観てきました。「キング・コング」(1933年)「キング・コング」(1976年)過去の記事はこちらからピーター・ジャクソン監督が、33年のオリジナル版を観て...
2006/01/02(月) 13:23:05 | ☆ 163の映画の感想 ☆
コングへの愛情がたっぷり詰まったド迫力の三時間!
2006/01/02(月) 15:20:58 | Akira's VOICE
『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督。昔のキングコングは見たんだケドはっきり覚えてない。 まぁ、そのほうが比べなくていいかもしんない。さすが ピーター・ジャクソン監督!! やること派手! すっごい迫力!!  キングコングはもちろんの....
2006/01/02(月) 16:32:31 | 色即是空日記+α
「キング・コング」  公式サイト 2005年12月17日公開 劇場鑑賞ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★☆☆原題:KING KONG製作:2005年 ニュージーランド、アメリカ監督・脚本:ピーター・ジャクソン出演:ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、
2006/01/02(月) 16:58:25 | ●○ゆるゆるシネマ感想文○●
ごめんなさい(><)この映画を馬鹿にしていました。みなさんのコメント見るまでは観にいく気ゼロでした・・・。今日鑑賞してもぉ~感動しましたよ(TT)久々泣けた映画です。しかし最初とスカル島まで行くシーンは長かった~。あと「ジュラシック・パーク」みたいなシ..
2006/01/02(月) 17:40:20 | 映画って素晴らしいもん
今日のこの日をずいぶんと待った。朝からオリジナルと76年のリメイクも観た。3時間の長丁場にも耐えられるよう、昼寝もして体調は万全。公開初日、レイトで観てきた。
2006/01/02(月) 23:15:42 | CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>
3時間超の長編モノなので、さすがのひらりんもナイトショウで観るのはやめ。予習もしたし、いざ拝見・・・というところ。
2006/01/03(火) 01:41:06 | ひらりん的映画ブログ
念辛口注意囹 このマーク念のあるレビューは辛口意見です。 お読みになる場合には批判的感想ということを承知の上、ご覧下さいますようお願いいたします。
2006/01/03(火) 01:54:09 | 映画とアートで☆ひとやすみひと休み
「キング・コング」★★★★ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック主演ピーター・ジャクソン監督海図にも無い髑髏(ドクロ)島での映画の撮影。1930年代のクラシカルな雰囲気は何となくまだ、キングコングの居場所を感じられる。ヒロインのナオミ...
2006/01/03(火) 22:14:41 | soramove
250億円もの巨費を投じられて作られたジャクソン版「キングコング」。それはもう期待大です。しかし、過度な期待が仇となって、見終わった後には時間の無駄だったと怒りすら覚えました。とにかく長い。3時間? 指輪のご褒美で好きに作らせてもらったのでしょう...
2006/01/04(水) 00:16:15 | 気まぐれ映画の旅
「好きこそものの上手なれ」・・・・まさに実践する監督、ピーター・ジャクソン。えらいです。がんばりました。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで手に入れたお金をつぎ込む→自分の原点の映画をこれでもかというCGで描く→満足する→またお金が入る→また大好きな映
2006/01/04(水) 10:18:59 | 毎週水曜日にMOVIE!
250億円もの巨費を投じられて作られたジャクソン版「キングコング」。それはもう期待大です。しかし、過度な期待が仇となって、見終わった後には時間の無駄だったと怒りすら覚えました。とにかく長い。
2006/01/05(木) 00:03:09 | 気まぐれ映画の旅
1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナム(ジャック・ブラック)は、かつてない冒険映画を撮りたいという野望を持っていたが、撮影中の映画が製作中止になりかけていた。しかしカールは撮影の強行を決意し、幻の島を求めて脚本家のジャック(エイドリア
2006/01/08(日) 02:25:11 | ルーピーQの活動日記
監督:ピーター・ジャクソン出演:ナオミ・ワッツ、エイドリアン・ブロディ、ジャック・ブラック、トーマス・クレッチマン、ジェイミー・ベル、コリン・ハンクス、アンディ・サーキス評価:90点(100点満点)公式サイト怒涛の3時間。息を....
2006/01/09(月) 00:56:06 | デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
今年最初に観た映画は【キング・コング】となりました。昨年は邦画ばかり観てて洋画はご無沙汰だったのと上映時間が3時間超との事で観るのを躊躇してたのですが観て良かったです。
2006/01/09(月) 20:58:17 | [混]ミックスランチ
【新宿プラザ劇場】 遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 年末年始は本来の趣味であるお笑いモードになるため、映画鑑賞はゼロ。 ブログのエントリもだいぶ間が開いてしまいましたよ。 …というわけで、今年の初映画。 私
2006/01/10(火) 02:57:28 | のら猫の日記
Copyright(C) 2005-2006 Ceri's Talk. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。