title

映画・DVD・そして本とおしゃべり^^オマケにバイクもちょこっとねv
mark01 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
mark01 映画:「SAYURI」
SAYURI

監督: ロブ・マーシャル
出演: チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー
制作総指揮: スティーブン・スピルバーグ
原題: Memoirs of a Geisha
制作: 2005 アメリカ

評価: ★★☆☆☆

なんと言いましょうか…はっきり言いましょう。たくさんのダメの中になんとか払った料金分だけ良さを見つけようと必死になって見てきた映画って感じです。まあ、「ここはどこの話?ゴッサム・京都?」と思えばそれほど腹が立たないかも知れません。それなりに色遣いや情景は絵画的で綺麗でした。だけど日本文化の面から言わせて貰えばぎりぎりと腹が立ちまくりです。きっと原作の方は勉強して書いた物語なんでしょうけど、映像になった時、無知な美術担当と監督とがだいなしにしてしまったんでしょうね。だいたい「都」と呼ばれる街が京都の祇園だとは全然思えませんね。祇園なら時たま混ぜてくる日本語にそういう味付けくらいして欲しいです。だからあれは浅草だろうといつも一緒に感想をバトルさせるマスターも言っていましたっけ。だけど「舞妓」って祇園特有の呼び方だよね…。(正解は京都でだそうです)

ストーリーもこれまた大変チープです。「花より団子」クラスの虐めもありませんしあの程度では可哀想でもなんでもない。芯の強い女性像って訳でもないのでなんか「さゆり」に肩入れできないんですね。同調できないからラブストーリーもワクワクしてこない訳です。だいたいあの初恋もちょっと嫌だなぁ。最後の少女からの夢が叶った後のモノローグも大変悟ったコメントで、あれを子供の頃から見た夢だなんて、もうすごくすごくすごく嫌だわ。

さてさて、まだまだ滑稽なところはありますですよ^^また、そういう重箱突きのような見方も楽しいのかも知れません。これだけ語ってまだ言い足りませんからね^^
日本人として一番嫌だったことは、着物がかなり汚く着られいることでした。抜き襟の形も酷い。それから髪型だって変・変・変!舞妓なら桃割れ結ってくれないかなぁ… 桃井かおりさんも自分だけ綺麗に着付けて自分だけ良い髪型に結ってなんかダメだよ、日本人としてそれじゃ…ちゃんと制作の立場で助言する事ぐらいできなかったのでしょうか? 半玉の肩揚げの汚さ、襦袢の酷い着付け。さゆりもあの電信柱のような色気のない着物の着かたはなんでしょう? あれじゃドリフのお茶の間劇です。日本文化をちょっと馬鹿にしましたね。それだけは許せない感じです。

はい「ゴッサム・京都」としてみればどうでしょうか?絵葉書に切り取ったような美しいカットもあります。「キル・ビル」よりはお金をかけてましたね。さゆりの創作舞踊もゴッサム・日本舞踊と思いましょう。そして……あれは太平洋戦争時ではなくてもしかすると近未来的SFだったのかも知れません。うん、究極の納得にはそれしかありません。見た方はみなさんでそう思うことにいたしましょう^^
---------------------++
関連:

原作本: 「さゆり」上
原作本: 「さゆり」下
出版社: 文藝春秋
映画が物足りないから読んでみる…これは「海猫」以来のことです。海猫は映画、原作とも酷かった^^; でもこれはお勧めします。邦訳者さんの妙技ゆえという意見もありますが… まあ、古本程度でいいでしょう^^;この映像を思い出しながら映画よりリアルな感覚を持てると思いますよ^^
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
ご注意!!:現在このブログは移転しています。この記事も新サイトの方に移動してありますのでトラックバックはそちらの方にお願いします。記事一覧が開きますのでトラックバックする記事を見つけてください^^新サイト→「遠慮無く…書くよ!」
≪この記事へのトラックバック≫
ハリウッドが日本を描(えが)きたいと言い出したら僕らは諦めねばならない。時代考証も衣装の着こなしも髪型も言葉も、「んなわけないだろ」のダメ出し満載はわかりきってる。だったらもう全部許して不可思議な架空の世界を楽しむ以外ない。国籍不明なキモノ・ガールも「い
2005/12/22(木) 23:46:01 | シネマ・ぶりざーど
監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。話は普通・・・。
2005/12/23(金) 11:00:52 | Akira's VOICE
スピルバーグが、ドリームワークスだのアンブリンだの総動員して製作した、堂々の大作。なのに、なんか色物の匂いがするのはオレだけ?まあ、とりあえず観てみよう。レイトで行ってきた。
2005/12/25(日) 14:01:52 | CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした!予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ~!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよう...
2005/12/26(月) 00:34:56 | ☆ 163の映画の感想 ☆
ブログ引越後初、かつ2005年の映画鑑賞最後を飾ったのは『SAYURI』。 まだ映画を見る趣味がなかった頃、『ラストサムライ』の“ヘンテコリンなニッポン”の話を映画好きの大学の後輩から聞いても、その時は「ふ~ん」としか思わなかった。 その私が昨日(12/28Wed)、
2005/12/30(金) 23:02:59 | 映画とアートで☆ひとやすみひと休み
公開初日のナイトショウで観てきました。時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。あんまり混んでなかったよ。チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
2006/01/01(日) 21:30:40 | ひらりん的映画ブログ
 2005年12月12日『SAYURI』観賞レビュー!原題Memoirs of a Geisha絢爛 無垢 毅然『SAYURI』ポスター画像ハリウッドヴァージョン!眼力~~~~!w(☆o☆)w ちと、大きい画像NO.1 d(-。∂)▼ ▼ ▼ ▼★ポチッとナ!『SAYURI』桜、花見のシーンちと、大きい画
2006/01/01(日) 22:50:42 | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
監督:ロブ・マーシャル出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり評価:85点(100点満点)公式サイトハリウッドが描いた日本としては、十分に許容範囲。幻想的な映像は、日本よりも日本的で美しく、俳優陣の存...
2006/01/09(月) 18:39:19 | デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
 映画を観る前から前評判などあまり気にしませんが、いやでも耳や目から入ってくることがあります。  すなわち、今年のお正月映画は両極端な作品が
2006/01/10(火) 06:43:03 | シネクリシェ
Copyright(C) 2005-2006 Ceri's Talk. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。